春みたい。
春が近づく匂い、春の匂いってあると思う。

鼻孔をくすぐる、なんの匂いかアスファルトが温もる匂いか、
新芽が芽吹こうとする匂いか、
大陸からの風の匂いか、かいもく見当はつかないけど、
毎年、この香りが私にとっての春一番で、
この数日の暖かさで今年も感じたのである。

b0149230_2265647.jpg


冬には、冬の冷え冷えとした水が凍る匂い。
夏は、むせ返るほどの青い匂い。
秋は、青臭さがとれ、葉が乾燥し、湿気と混ざった匂い。

でも、長い冬の終わりを感じ、また何かと憶いのある春の匂いが一番思いがある。

この匂いがあると、私は思い出すのである。

卒業式の日のこと。好きな人とのお別れのこと。ちょっとしたワクワクと、切なさ
そして、その時に感じた気持ちが、本当に鮮明に蘇ってきて、
時に切なさに苦しくなるほど、眠れないほどの時もある。

この数週間、わが家にはほんっとにいろいろなことがあって、
いろんな人に心配してもらった。

先週、私はちょっと入院したんだけど、
退院の日、友人から春の花の花束が家に届いた。

昨日は、大好きなアーティストのCDもいただいた。
心まで甘くなるお菓子もいただいた。
早くお出かけしたくなる、手づくりのカバンもいただいた。

何通も優しいお手紙やメールをいただいた。

友人たちや、両親の優しい気持ちのお陰で、

喉元で、つっかえていた、泥のような気持ちが、フッと軽くなり、
両手の間から、砂のようにサラサラと溶けて落ちて行った。


風向きは、サッと変わり、春の風のよう。

昨晩は、もらったCDを聴きながら、ちょっと夜更かししてビールを飲んだ。
これがめちゃめちゃ旨かったのやァ。

息子が、旨い旨いとビールを飲む私に、

『僕、大人になったらお酒飲むわ。そしたら一緒に飲みに行こな。』

なーんて言われて、その日が待ち遠しい私である。


With lots of love by Yuco
[PR]
by yucoooo | 2010-02-26 08:10 | home
<< 荒くれクッキー。 さよならさんかく またきてしかく >>