アニハム、届ける。
兄の作ったハムがまた届いた。
今回は、2キロほど送ってくれたので、女神はんにおでんわ。

『ハムいる〜?』
『いるいる!』
『じゃあ、10時ごろ伺うわね。2時には失礼するから、お気遣いなくよ』

っと、私は、昼時をわざと挟むイヤらしい会話をするのである。

このウチはウマいもんしか出てこん!

b0149230_20304880.jpg


兄のハムは、防腐剤などを使用してなく、
長時間薫製し、味も香りも濃厚なのだが、それを厚切りにし、
ハム&自家製ドライトマトとアスパラのパスタ。
アスパラの歯ごたえ、キュッと甘酸っぱいドライトマト、濃厚なハムで絶品だった!

b0149230_20401744.jpg


そして、パテ・ド・カンパーニュ。とかいうの。

( ̄Д ̄)なにや!このウマいん!

少し洋酒の効いたレバーも入ったお肉の濃厚さを、バルサミコのソースが、
今いくよ・くるよのコンビのようにナイスアシスト。

いや、、マジ、、、これハマるし。

このお宅に招かれていつも思うのは、
私、歓迎してもらってるなー。ということ。
玄関から、お手洗い、洗面所まで、隅々まで、
ようこそ!って迎え入れてくれてる気持ちになれるほど、心配りがされてる。

んで、スイーツもよばれまして。へへ。

b0149230_20523743.jpg


お菓子の先生である彼女。6月のレッスンはレモンメレンゲパイだったよう。

レッスンで、生徒さんに、少しでもわかりやすく、美味しく、
素敵なデザートを覚えて帰ってもらおうという意気込みはすんごいものがある。
なんせ、そんなそぶりは、チクビほども見せないが、
ある種、気迫に追ってると言ってもいいだろう。

毎回、レッスンの前の試作は、ものすごい数を焼き上げている。
彼女のレッスンのリピーターやファンが多いのも、大いにうなずけるのである。
この気迫に追った、お菓子への情熱と人への心遣いは、
女性として憧れと尊敬の念を持たずにはいられず、
そして、また今日も私は、タッパーを持参するのである。

b0149230_2132332.jpg


今回は、レモンメレンゲパイを、私の希望で生クリームにしてもらった。

私のお口の中が、初夏の軽井沢やん!

ということで、2時に帰るわ〜っと言いながらも、
いつまでもダラダラくつろぎ、帰路に着いたのである。

私は軽井沢より、ここのウチが好きやわ。
え?軽井沢行ったことあるんかって?

ない。


With lots of love by yuco
[PR]
by yucoooo | 2010-07-13 21:18 | delicious
<< 真っ黒な真っ黒な月。 娘@遊ぶ。そして衝撃のお醤油。 >>